プロフィール

かせきゆうい

Author:かせきゆうい
東京都生まれ。
高校在学中より潮先郁男氏に
師事し、ジャズ理論、奏法を学ぶ。
成蹊大学に進学後、
ジャズ研に籍をおきライブ活動を開始。
1996年に渡米、
musicians institute入学
スコット・ヘンダーソン、
ジョー・ディオリオ、
ロン・エシテらに師事。
現在はイナモリ・メソッド
研究会にて講師を
勤める傍ら、都内近郊の
ライブハウスにて演奏活動中。

ブッキング、レッスンなどの
お問い合わせはこちらへ↓
yui_kaseki★yahoo.co.jp
(★を@に変えてください)

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブのお知らせ

3/25(土)目黒不動前 青猫 にてリーダートリオのライブをやります。 
前回同様、僕の自作曲を中心に演奏します。
民族音楽、パンクロック、ジャズ、即興音楽の要素を取り入れた音楽ですが、
それぞれの音楽の専門家の方からみたら失笑されるレベルのいい加減さです。
それっぽい雰囲気だけ拝借できれば良いかと思っています。


可世木唯以(g)
川崎聡(b) 
片桐聡(ds)

CHARGE FREE(投げ銭)
OPEN  19:30
1ST 20:00~
2ST 21:15~


東京都目黒区下目黒3-10-35
服部ビルB1
電話:07055832772

Pakal_the_Great_tomb_lid-e1467689518153.png
スポンサーサイト

穂高

上高地の穂高連峰

芥川龍之介の小説「河童」の舞台になった河童橋付近より撮影しました。


穂高


時間を持て余したので、切り立った断崖のような頂上付近を望遠鏡で見ると

なんと人影が(゚ー゚;

あんなところに行ける人間はラインホルト・メスナーくらいかと思っていましたが、

女子大生の山ガールでも普通に行けるとの事。

自分も頂上に軽々と行けるくらいの体力と根性があれば

もっと良い音がだせるかも、と夢想しましたが

平地のハイキング(3時間程度)+車中の冷房(4時間半)で

翌日すさまじい腰痛と腹痛になり

道は険しいな、と思い知らされました。

書アート展なるものを見た。

書とあるので文字くらいは書いてあるのかと思ったら、
ほぼ抽象画のようなものもあり自由度が高い。

綿棒を二万本使った作品や、何千枚もチラシを折りたたんで
枠組みにはめ込んだもの、ロープを張っただけの表現もある。

筆すら使っていないのに、なぜ書にこだわるのか聞いてみたい。
元々書道をやっていて覚醒したヒトたちからなる集団なのだろうか。

経緯はともかく、面白かったです。

http://caca-net.jp/

kaijou8.png

6/26(金) 目黒不動前 青猫ライブ

6/26(金)
目黒不動前 青猫

18:30 OPEN
1ST 19:00~
2ST 19:50~
3ST 20:40~
CHARGE: ¥2000-
1ステージ30分の3ステージ構成でお送り致します。



ヒサコ(vo)
小澤基良(b)
カセキ(g)

http://ameblo.jp/bar-aoneko/
東京都目黒区下目黒3-10-35
服部ビルB1
電話:07055832772

油風呂

バイクの点検整備のついでに
三鷹市深大寺の天然温泉に行きました。

住宅街に忽然と現れ、
人を寄せ付けない重たい扉

tobira_20150611001145a70.jpg

肝心の温泉は、誇張ではなく
本当にブラックコーヒーのように黒い
おそらく石油由来では、という感じの
独特の匂いがあります。

黒ずんだ内湯を後に
露天風呂に。

何故か朱雀、白虎などと露天の
石垣に記されている


iroiro.jpg



露天の奥に防空壕の様な
石垣で仕切られた空間があり
「電気風呂」と書いてあるが
怖くて入れなかったです。

他にも八角形の建物に
収められた「香り湯」とあり、
何の香りかわからないけど、
とにかく他の湯の石油のような匂いは
確かに消されていました。

早々に上がり、
待合室でじっとしていると
若い女性なども多いのですが
気のせいか皆元気がなさそうでした。

宮下あきら先生の著書「魁!!男塾」に
男塾名物・油風呂なる拷問方法が
紹介されていますが、実写化すると
こんな感じになるのだろうか、などという
思いにふけ貴重な体験をさせてもらいました。


02.jpg

CD
ブログ用
著書
QRコード
QRコード
検索フォーム
QLOOKアクセス解析