プロフィール

かせきゆうい

Author:かせきゆうい
東京都生まれ。
高校在学中より潮先郁男氏に
師事し、ジャズ理論、奏法を学ぶ。
成蹊大学に進学後、
ジャズ研に籍をおきライブ活動を開始。
1996年に渡米、
musicians institute入学
スコット・ヘンダーソン、
ジョー・ディオリオ、
ロン・エシテらに師事。
現在はイナモリ・メソッド
研究会にて講師を
勤める傍ら、都内近郊の
ライブハウスにて演奏活動中。

ブッキング、レッスンなどの
お問い合わせはこちらへ↓
yui_kaseki★yahoo.co.jp
(★を@に変えてください)

FC2カウンター

パット・マルティーノの思い出(その1)


ジャズギターを志すものにとって

パット・マルティーノは

一度は憧れるプレイヤーかと思います。

僕も学生の時に

どうしても彼のように演奏できるようになりたくて

夜な夜な部室に忍びこんで何時間も練習したものです。

その後、自らの

演奏活動を通じて

何が出来るかを学ぶと同時に

何が出来ないかを思い知り、

益々彼の偉大さを痛感する事となりました。

僕が学生の頃は

パット・マルティーノは病気による

長い隠遁状態にあり、

巷では復活はありえないだろうと

噂されていた時期でした。

散発的にはライブを行っていたようで

一部がCDになったり、

ライブの個人録音の音源を偶然耳にすることはありましたが

全盛期の演奏とは程遠く、

過去の人になってしまったという気がして

寂しい思いがしました。

そんな時、たしか95年だったと記憶していますが

突然パット・マルティーノが来日し

ライブを行うという

にわかに信じがたい情報が飛び込んできました。

(続く)
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

CD
ブログ用
著書
QRコード
QRコード
検索フォーム
QLOOKアクセス解析